福岡県警西署は18日、署員の顔に唾を吐いたとして、公務執行妨害の疑いで、福岡市早良区の自称医師今野俊和容疑者(49)を現行犯逮捕した。署によると、容疑を否認し「警察官に腕をつかまれたので、払いのけただけだ」と供述している。

福岡市西区の市道で18日夜、車をガードレールにぶつける自損事故を起こし、通報で駆け付けた西署地域課の男性巡査長(32)が呼気を調べようとした際に暴れたという。

逮捕容疑は18日午後11時50分ごろ、西区の事故現場付近で、暴れるのを制止しようとした巡査長に唾を吐いた疑い。

当時、酒臭かったといい、事故の経緯も捜査する。(共同)