2024年のパリオリンピック(五輪)組織委員会は21日、大会のロゴを発表した。金メダルと聖火、フランス共和国を象徴し自由の女神として知られる女性像「マリアンヌ」の三つのシンボルを合わせたデザインで、パラリンピックのロゴとしても使用する。

組織委によると、五輪とパラリンピックで同じロゴを使用するのは初めて。パリ市内の映画館で開かれた発表イベントで、五輪組織委のエスタンゲ会長は「どちらのスポーツ選手も同じように大会に臨む気持ちを示した。私たちの新たな顔(となるロゴ)に誇りを持っている」と述べた。

また「PARiS 2024」の文字と数字は、パリで前回五輪が開催された1924年に流行していた装飾様式のアールデコ風とした。

イベントに出席したパリのイダルゴ市長は「人々を結集させるデザイン。とてもきれいで気に入った」と話した。(共同)