自動車メーカー各社が最新技術を競う東京モーターショーが23日、東京ビッグサイト(東京都江東区)などでの24日の開幕に先立ち、報道陣に公開された。トヨタ自動車は人工知能(AI)と自動運転機能を搭載した電気自動車(EV)を、日産自動車やホンダ、マツダなどもEVをそれぞれ出展。EVが主役に躍り出そうだ。

各社はITを活用し効率的な移動を可能とする次世代の交通体系「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」を基盤とした街づくりを見据えEVに注力している。

日産は4輪駆動でEVのスポーツタイプ多目的車(SUV)を世界で初めてお披露目した。2020年にも生産を始める。名称は「ニッサン アリア コンセプト」。軽自動車規格の小型EV「ニッサン IMk」も世界初公開した。

ホンダも20年に国内販売するEV「Honda e(ホンダイー)」を展示。八郷隆弘社長は記者会見で「高効率な電動技術を向上させていく。30年までに4輪車の世界販売の3分の2を電動化する目標を加速する」との決意を示した。マツダは同社初となる量産EVを披露する。

三菱自動車は電動車や太陽光パネルを連動させた非常用電源としての活用法を提示。スズキは小型プラグインハイブリッド車(PHV)を世界初公開し、鈴木俊宏社長は「時代の変化に合わせて車を変えていく」と述べた。

24日は開会式を催し、一般公開は25日~11月4日まで。主催する日本自動車工業会の豊田章男会長は来場者を17年の前回から20万人以上増やし、100万人とする目標を掲げている。(共同)