安倍晋三首相は24日午前、韓国の李洛淵首相と官邸で会談した。李氏は、文在寅大統領の親書を安倍首相に手渡した。関係改善への意欲を伝える内容とみられる。元徴用工訴訟問題などを巡る対立関係の打開につながるかどうかが焦点だ。日韓首相の会談は、昨年9月にロシア極東ウラジオストクで行って以来、約1年ぶり。

日韓会談は、安倍首相が天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて来日した各国要人との間で行っている即位礼外交の一環。李氏は韓国政府ナンバー2で、知日派として知られる。

日韓関係を巡っては、昨年10月に韓国最高裁が元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じる確定判決を出して以降、悪化の一途をたどっている。韓国が撤回を要求している日本の輸出管理強化や、韓国による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄決定などについても協議する可能性がある。

菅義偉官房長官は記者会見で、会談に関し「即位の礼への参列に感謝の意を伝えるとともに、現下の日韓関係についても率直な意見交換が行われると思っている」と述べた。

安倍首相は午前、アルメニアのサルキシャン大統領らと会談。午後にはチェコのバビシュ首相、イランのジョネイディ副大統領らとの会談を予定している。(共同)