男性に集団で暴行を加えけがを負わせたとして、大阪府警捜査4課は6日、傷害容疑で、大阪市で活動する半グレ集団「アビス」のリーダーで建設業菅野深海容疑者(20)とメンバーら計7人を逮捕した。

逮捕容疑は共謀し6月22日未明、鶴見区の集合住宅の敷地内でメンバーの妹と交際していた10代の男性を待ち伏せして暴行を加え、腰の打撲などのけがを負わせた疑い。

捜査4課によると、交際を巡りトラブルとなっていた。

アビスを巡っては、大阪・ミナミの繁華街で経営するガールズバーでのトラブルなどが相次ぎ、府警は昨年、メンバー50人以上を摘発。アビスは昨年11月に南署に解散届を提出したが、府警はその後も一部が活動を続けていたとみている。(共同)