東京・羽田空港の国内線旅客ターミナルで6日朝に断水が発生した問題で、7日朝も第2ターミナルで飲み水などの供給が停止、復旧作業が続いた。国土交通省東京空港事務所によると、運航への影響は出ていない。

空港への給水を国から受託する会社「空港施設」によると、水質に異常があり給水を停止。広報担当者は「7日朝の段階で復旧のめどは立っていない。詳しい原因も不明のままだ」としている。

多くの飲食店が閉店するなどの影響が出ている。トイレの手洗い場の水も出ないが、手洗い用のペットボトルを置いて対応している。

第2ターミナルを使用している全日空は、国内線の航空機内で利用する水を国際線ターミナルなどから給水車で運んで搭載している。(共同)