熊本市教育委員会は7日、市立千原台高校の男子陸上部監督の男性教諭(37)が、複数の男子部員に体罰を繰り返していたと発表した。市はさらに調査を進めた上で、処分する方針。

市教委によると、4~10月、練習中や合宿中に部員のほおを殴るなどの体罰を繰り返したとしている。生徒にけがは確認されていない。10月16日に匿名の通報があり、発覚した。監督は保健体育の担当。

監督は市教委の調査に対し「激励して記録を伸ばしてあげたかった」と体罰を認めながらも「指示した練習がされていなかった」などと話しているという。10月28日以降は部活動の指導を自粛している。

中村順浩健康教育課長は記者会見し「重大な体罰と捉えている。事実関係を確認し、速やかに処分を決める」と述べ、前田清孝校長は取材に「事実確認ができ次第、生徒や保護者に説明し、謝罪したい」と話した。同部は全国高校駅伝に計3回出場している。(共同)