7日午前7時40分ごろ、兵庫県明石市の山陽電鉄山陽明石駅で架線が切れ、同駅で停車した阪神大阪梅田発山陽姫路行き直通特急が運行できなくなった。パンタグラフが破損しているのも見つかった。乗客にけがはなかった。山陽電鉄は霞ケ丘(神戸市垂水区)-東二見(明石市)間で上下線とも運転を見合わせている。

山陽電鉄によると、特急は6両編成で、5両目のパンタグラフが2つ破損し、1つは線路脇に落ちていた。山陽明石駅に入る直前で異常があったとみられる。後続の回送電車もパンタグラフが壊れて駅間で停車し、近くの架線が切れていた。原因を調べている。1万8000人以上に影響した。(共同)