立憲民主党は7日、環境省を訪れ、政府が来年7月実施を目指すプラスチック製レジ袋の有料義務化について、例外を設けず、一律有料とするよう求める申し入れ書を石原宏高環境副大臣に手渡した。これに関連し、枝野幸男代表は記者会見で今後、党の会議ではペットボトル使用を全廃すると発表した。

環境、経済産業両省は、環境に配慮した素材などを有料化の対象外とする方針を示している。申し入れ書では、例外規定は、日常生活で発生するプラスチックごみの削減に向けた「消費者のライフスタイルの変革という目的に合致しない」と指摘。国民生活にとって重要な案件だとして国会での議論を求めた。使い捨てプラスチックを抜本的に減らすため、独自法案作成を検討しているとも強調した。(共同)