自民党の下村博文元文科相は7日、大学入学共通テスト英語の民間検定試験導入見送りに絡み、業者との「蜜月」を指摘した週刊文春の報道について、高知市で「全くない。『業者のため(の導入)』とは、ためにする議論だ」と否定した。

報道は14年の中教審答申を受け、当時の下村文科相が民間試験を含む共通テストの20年度実施を目指す工程表を策定したと指摘。民間試験の1つ「GTEC(ジーテック)」を運営し、国語・数学の記述式問題の採点も受注したベネッセコーポレーションとの近い関係も報じている。(共同)