安倍晋三首相が8日の参院予算委員会集中審議で、首相出席の予算委開催を増やすべきだとの主張に対して、外国の例を引き合いに出して「世界で私はおそらく、最も圧倒的に多くの時間、国会の質疑に応じている」と気色ばんで反論する一幕があった。

立憲民主党の福山哲郎氏から「国政の重要課題はたくさんある。予算委にもっと出てきてほしい」と要求された首相が「先進7カ国(G7)の首脳は、だいたい年間40時間ぐらい質疑しているが、私は200時間を超えて国会に出て、質疑に応じている」と答弁した。この日の予算委はテレビ中継されていたが、首相は「まるで、私がほとんど国会に出てきていないような議論をするが、それは違うと国民に示したい」と強調していた。

また、“身の丈入試”発言をした萩生田光一文科相の資質を問われると「文教政策の専門家で、多くの自民党議員が認めている。まさに任にふさわしいと考えた」とし、適任だとの認識を強調した。(共同)