台風19号の影響で、10月22日から2週間延期された、天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が10日、都内の皇居周辺で行われる。警視庁は、警視総監をトップとする最高警備本部を設置し、皇居宮殿から赤坂御所までの約4・6キロの警備に、約2万6000人を投入。沿道の29地点40カ所で手荷物検査を実施するなど、最高レベルの厳戒態勢を敷く。

  ◇  ◇  ◇

「祝賀御列の儀」では、天皇、皇后両陛下が乗る黒のオープンカーは、午後3時に皇居・宮殿を出発し、赤坂御所までの約4・6キロの道のりを約30分かけて進む。警視庁は公式サイトで、日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語で警備に関する情報を発信。<1>時間に余裕を持って沿道に来ること<2>パレードを観覧するためのブースを設営<3>ブースに案内する過程で持ち物検査を行うことなどを呼び掛けている。

警視庁がピリピリモードを高めるのは、予想される「大混雑」だ。1993年(平5)6月9日に行われた両陛下のご成婚パレードは、皇居から東宮仮御所までの約4・2キロの沿道に、19万1500人が駆け付けた。当時の大混雑を踏まえてか、「祝賀御列の儀」では、観客の持ち物検査も余裕を持った時間から始める。皇居周辺はでパレード開始7時間前の午前8時から、警視庁付近は同11時から、国会前から赤坂御所の間は、正午から始める。

周辺の一般道も、午前7時~午後4時半、時間ごとに車両通行止めとなる。首都高都心環状線や4号線の一部も通れなくなる。その中、ご成婚パレードでは29台だった車列を、今回はほぼ倍の約50台に増やす。

さらに、警視庁は広報課の公式アカウント(@MPD_koho)で、観覧場所の混雑状況を発信する初の取り組みも行う。「まだ入れません」「空いてます」「大変混雑しています」「満員です」などと状況を色分けした地図を投稿し、観覧する人を誘導する。同アカウントは、来場には公共交通機関を利用するよう求め、地下鉄の駅から手荷物検査場所への案内図を警視庁ホームページで掲載している。東京メトロ桜田門駅、永田町駅、赤坂見附駅、青山一丁目駅の一部出入り口が閉鎖される。

「祝賀御列の儀」当日の天気は晴れで、気温は11度から18度と予想されている。

◆観覧での注意事項 警視庁公式サイトでは、持ち込み禁止物品として、動物(身体障害者補助犬を除く)ドローン、刃物、火気類などの危険物、ビン、缶、スプレー、チラシ、トランジスタメガホン、大きな荷物。持ち物検査ブースには、スマートフォンやペットボトルの持ち込みは可能。

禁止される行為は物を投げるなどの危険行為、飲酒、喫煙、肩車、駆け出し、楽器演奏もNGだ。

沿道の周辺住民にも屋上、ベランダ、窓からののぞき込みや撮影、外廊下やベランダには落下等の危険性のある物を置かないなどの禁止事項がある。

事業者には屋外での販売や刃物・火気類等危険物の販売自粛も求められている。