9日午前4時ごろ、大阪府東大阪市新町の路上で、覚せい剤取締法違反罪や大麻取締法違反罪で起訴されていた大植良太郎被告(42)が、護送中の車両から逃走した。保釈が取り消され、大阪地検が収容した後だった。

大阪地検によると、被告は護送車両内で手錠がきついと申告。事務官が片方の手錠を外したところ、暴れだしてドアを開け、半開き状態になった。危険だとして車を止めたところ、ドアを開けて逃走した。

大阪府警によると、被告は身長171センチのやせ形で、丸刈り。逃走時は、紺色のシャツと迷彩柄ズボンを着ており、はだしだった。

大阪地検では先月30日にも、大阪府岸和田市の地検岸和田支部で保釈取り消し後に収容予定の女が息子の車で逃走し、2日後に身柄を確保された事件があったばかり。

大阪地検の上野暁総務部長は「誠に遺憾。できるだけ早く収容したい。身柄の確保に全力を尽くしている」と話した。(共同)