9日午前8時ごろ、関西空港の滑走路付近で職員がドローンのようなものを目撃し、安全確認のため全ての航空機の離着陸を停止した。

関空では7日にもドローンのような飛行物体が目撃され、滑走路が2度にわたり閉鎖された。運営する関西エアポートによると、空港の供用規程により、周辺でのドローン飛行や空港内への持ち込みは禁止されている。(共同)