青森県八戸市の路上で小学6年の女子児童が切り付けられた事件で、殺人未遂容疑で逮捕された同市立中学校の男子生徒(14)が「誰でもいいから人を殺してみたかった」と供述していることが14日、捜査関係者への取材で分かった。事件当時に持っていたとみられるかばんから、数本のカッターナイフが見つかっていたことも判明。カッターは既に県警に任意提出されている。

捜査関係者によると、生徒は12日午後8時すぎ、八戸市内の塾にいるところを捜査員が見つけた。下校途中に事件を起こした可能性がある。県警は14日、男子生徒を送検した。事件前後の詳しい足取りや、女児を襲った動機を調べる。

八戸署では14日朝、男子生徒が見えないよう10人以上の警察官がブルーシートを広げ、送検のため男子生徒を乗せた灰色のワゴン車が隙間から出発した。

男子生徒は12日夕に八戸市新井田西1丁目の路上で、下校途中の女児の首を刃物で切り付け、殺害しようとした疑いで逮捕された。容疑を認め「殺すつもりだった。誰でも良かった」という趣旨の供述をしている。(共同)