東京都心部を一周するJR山手線が16日、3分の1の区間で始発から長時間にわたり運休する。来春、品川-田町間に開業する高輪ゲートウェイ駅に山手線と京浜東北線の線路を通す切り替え工事に伴う措置で、1987年のJR東日本発足後、山手線では初めて。午後4時ごろまで大崎-東京-上野間は内・外回りとも運休、反対側の大崎-新宿-上野間は通常の7割程度の本数になる。

JR東によると、影響は約56万人に及ぶ見通し。運休区間には新幹線が発着する上野、東京、品川の各駅が含まれ、週末の土曜に長距離を移動する利用客にも影響が出そうだ。同社は、地下鉄や私鉄各社の利用、混雑情報に注意するようホームページやツイッター、電車内のディスプレーで呼び掛けている。専用電話窓口も開設している。

山手線が通常ダイヤに戻るのは午後6時ごろの見込み。山手線と並行する京浜東北線は品川-田町間で終日運休する。上野東京ライン、埼京線、りんかい線を増発。東京メトロ、東急、京急などが振り替え輸送に当たる。

今回の工事は15日の終電後から17日始発まで続く。新駅に通すため、山手線の内・外回りと京浜東北線大宮方面行きの線路計3本を現在の場所から東側に移し、品川駅の大宮方面行きの線路を3番線から4番線に変更する。

品川-田町間で京浜東北線が山手線をまたぐ構造を維持したまま移動する工事があり、運転がない夜間だけでは間に合わないと判断した。

専用電話窓口は050(2016)1620。15日は午前9時、16日は午前4時からいずれも翌日の午前1時まで対応する。(共同)