河野太郎防衛相は17日、訪問先のタイの首都バンコクで、韓国の鄭景斗国防相と会談し、韓国による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄決定について、再考を要請した。同協定を含め両国間にさまざまな課題があるとした上で「賢明な対応を求めたい」と述べた。鄭氏は破棄決定を巡り、日本の輸出規制が原因だとして、外交的解決を求めた。この後、エスパー米国防長官を加えた3カ国による防衛相会談も開く。

日韓両国の防衛相による公式会談は、昨年10月以来。両氏は会談で、対北朝鮮で防衛当局間の意思疎通を継続することは確認した。

同協定の失効は23日午前0時に迫っている。河野氏は会談冒頭で「日韓は非常に厳しい状況が続いているが、課題について率直に意見交換したい」と述べた。北朝鮮のミサイル発射に触れ「日韓、日米韓の連携は極めて重要だ」と強調した。

鄭氏は「最近、さまざまな課題で関係が行き詰まっていることを残念に思う」と語った。「防衛協力の発展のため努力したい」とも説明した。

同協定を巡り、日本は北朝鮮による弾道ミサイル発射が続く中、日米韓の結束が揺らぎかねないとして維持を主張。米国も存続へ働き掛けを強めている。韓国は日本が輸出規制を撤回すれば、再検討するとしており、双方の立場には大きな隔たりがある。

韓国の文在寅大統領はタイ訪問に先立ち訪韓したエスパー氏と15日に会談し、輸出規制を強化した日本との軍事情報の共有は難しいとの認識を伝えている。

日韓の防衛当局間の関係は、昨年12月の韓国海軍艦船による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題などを受け、不正常な状態が続いている。(共同)