香港・九竜地区で17日夜から18日未明にかけ、香港理工大を拠点に主要幹線道路の封鎖を続けるデモ隊と警官隊の激しい衝突が続いた。香港警察は「火炎瓶や弓といった武器の使用を含む全ての襲撃行為をやめなければ、実弾で反撃する」と警告した。

現場は、観光客も多い繁華街チムサチョイ(尖沙咀)の一角。警官隊は大量の催涙弾を発射し、放水車を出動させて排除を図り、デモ隊は火炎瓶を投げて応酬した。この衝突で、付近の陸橋が燃えるなどした。(共同)