パルコは19日、建て替えを終え22日にオープンする「渋谷パルコ」(東京都渋谷区)で報道関係者向けの内覧会を開いた。個性的な衣料品店や飲食店のほか、アニメやゲームのキャラクターを扱う店など約190店舗がそろい、最先端の食や若者文化を発信する拠点として再出発する。

地下3階から地上19階建てのビルのうち、パルコは地下1階から地上10階までを占める。高級ブランドから個性派ファッションまでさまざまな店舗が入り、人気の和食店や野生鳥獣の肉(ジビエ)を提供する飲食店も出店する。訪日外国人に人気のアニメやゲーム文化も発信し、任天堂の直営店も開業する。

パルコの牧山浩三社長は内覧会で「全く新しく変わったと言っても過言ではないくらい、すてきな施設になった。刻々と変化する渋谷パルコに期待してほしい」と記者団に話した。

渋谷パルコは老朽化のため2016年に閉店し建て替えを進めていた。演劇や落語の舞台の「パルコ劇場」は20年3月にグランドオープンする。(共同)