JR東日本は19日、大正期の西洋風建築として知られる山手線原宿駅(東京都渋谷区)の現在の駅舎を2020年東京オリンピック(五輪)・パラリンピック終了後に解体し、建て替えると発表した。新たにできる商業ビルの一部になるが、できる限りデザインを再現する。現駅舎の南側と西側には、別に新駅舎を建設中で来年3月21日にオープンする。

JR東によると、現駅舎は1924年に完成。骨組みがむき出しになった「ハーフティンバー」と呼ばれる建築様式が採用されている。

同社は2016年、現駅舎が耐火性能の基準を満たしていないことや、東京五輪に向け設備改良を図るとして、原宿駅の改良工事に着手すると公表。線路をまたぐ2階建ての新駅舎を建設する一方、歴史的価値がある現駅舎を保存するか、取り壊すか、地元の渋谷区などと協議してきた。

原宿駅は1906年開業。初代駅舎は現在より北寄りにあったが、20年に明治神宮ができると、参拝客に便利なように現駅舎が建設された。2018年度の1日平均乗車人員は約7万5千人。東京五輪では、近くの国立代々木競技場がハンドボールの会場となる。

20年正月の初詣は新駅舎工事のため、明治神宮側に抜ける仮設通路と臨時改札を設け乗客を誘導する。新駅舎には明治神宮側にも出入り口ができるという。(共同)