部活動での体罰が相次いだ兵庫県尼崎市立尼崎高で、陸上部顧問を務める30代男性教諭が今月中旬、3年の男子部員を名指しして「こいつみたいになるな」と暴言を浴びせていたことが20日、市教育委員会への取材で分かった。不適切な発言だとして校長が教諭を注意した。

市教委や同校によると、目標だった夏の大会にピークを合わせられなかった部員について、本人や下級生の前で「こいつみたいになるな」と発言した。教諭は調査に「失敗を生かしてもらうためだった」と釈明。日ごろから練習中に「あほ」「ぼけ」と暴言を浴びせていることも分かった。

同校では、男子バレーボール部で部員がコーチに平手打ちされて意識を失っていたことが5月に発覚。硬式野球部でも部長らの体罰が明らかになっている。(共同)