秋篠宮さまは30日、54歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち東京・赤坂御用地の赤坂東邸で記者会見し、長女眞子さま(28)の結婚問題が、延期期限とされる2020年が迫っていることを念頭に、何らかの発表をする必要があると述べられた。

具体的言及を避けた6月の外国訪問前の会見から一転、対応を促した格好だ。関係者によると、結婚への意思は変わっていないという。

眞子さまと小室圭さん(28)の今後については来年まで結婚関連行事を延期しているが「次の2月で(延期発表から)2年たつわけですね。何らかのことは発表する必要があると私は思っております」とした。

昨年の会見では、小室家の金銭トラブル報道を念頭に「多くの人の納得」を婚約条件に挙げ、小室さんに対応を求めた。今回も「昨年お話ししたことと変わっておりません」と強調。眞子さまと結婚関連の話をする機会はなく、小室家とも連絡は取っていないという。皇位継承に伴う重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」への国費投入に疑問を呈した昨年の誕生日会見の内容については「今も昨年お話しした時と気持ちは変わりません」と述べた。