プルサーマル発電をしてきた四国電力伊方原発3号機(愛媛県)と関西電力高浜3号機(福井県)で、使い終わったプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料が取り出されることになった。伊方は12月下旬、高浜は来年1月上旬に始める定期検査で原子炉から出す。プルサーマルで使用済みMOX燃料の取り出しは初。両社が30日までに明らかにした。

政府や電力会社は、使用済みのウラン燃料を化学的に処理(再処理)し、プルトニウムを取り出して再利用する「核燃料サイクル」の一環として、普通の原発でMOX燃料を燃やすプルサーマルを進めている。使用済みMOX燃料も再利用する構想だが、再処理できる施設がなく行き先は未定のため、原発で長期保管される可能性が高い。

九州電力玄海3号機(佐賀県)でも、来年8月上旬を予定する定期検査で使用済みMOX燃料を取り出す可能性がある。

伊方3号機は2010年にMOX燃料16体を使い始めた。来年4月までの定期検査で16体を取り出す。高浜3号機は11年に開始。現在28体を使っており、うち8体を使用済みMOX燃料として取り出す。四国電と関電は「当面、原発内のプールで保管する」としている。

使用済みのMOX燃料は発熱量が大きいなどの特徴がある。ウラン燃料の再処理工場は日本原燃が青森県に建設中だが、MOX燃料は対象ではない。国内での再処理には別の工場新設が必要だが、具体的な計画はない。

玄海3号機は09年からMOX燃料を使用。次の定期検査で炉心にある36体のうち16体を取り出す可能性がある。

高浜4号機もプルサーマルを実施中。電力業界は全国16~18基でプルサーマル導入を目指していたが、現在導入済みは4基。(共同)