名古屋市の市立小学校に通う5年の男児が複数の同級生から現金を要求され、約10~20万円を渡していたことが2日、分かった。市教育委員会は男児に対する金銭要求行為について「いじめと判断している」と、“いじめ認定”した。

市教委によると、男児は今年8~10月、同級生6人から「お金ちょうだい」「持って来ないとのけ者にする」などと言われ、自宅にあった500円玉用の貯金箱から十数回にわたって現金を持ち出した。持ち出した男児と同級生が商業施設内のフードコートで飲食代などに使っていた。

10月8日に男児の保護者が「貯金箱の現金がなくなっている」などと学校に連絡するとともに、11日には愛知県警に相談した。学校は同日、いじめ防止対策推進法で規定されている「重大事態」の可能性があるとして市教委に報告。県警はその後、同級生と保護者を厳重注意した。

河村たかし市長は2日の会見で「(市として)子どもを日本一応援しようというのに残念だ」と話し、詳しい経緯を調べる考えを示した。今後の対応について「小学校に対して常勤のスクールカウンセラー配置を進める」などと話した。