東京都東久留米市の住宅で11月、会社員二岡一浩さん(55)が刃物で殺害された事件で、警視庁田無署捜査本部は2日、強盗殺人の疑いで、近くに住む無職三ツ本寛己容疑者(28)を逮捕した。

捜査本部によると、三ツ本容疑者は二岡さんと同居していた50代女性の次男で、第1発見者として110番していた。「やっていません」と容疑を否認している。

逮捕容疑は11月8日未明、住宅に強盗目的で侵入し、二岡さんを刃物で多数突き刺すなどして失血死させた他、室内を物色した疑い。捜査本部によると、遺体の首や胸、腹には70カ所近くの刺し傷や切り傷があった。

同居の女性とその長女は当時、海外旅行で不在だった。二岡さんの職場から「会社に出てこない」と女性に連絡があり、様子を見に行くよう頼まれた三ツ本容疑者が8日午後、「窓ガラスが壊されている」と通報した。

捜査本部によると、1階居間の掃き出し窓には火で熱して割った痕跡があり、室内は物色の跡があった。一方で二岡さんの現金入りの財布は残され、被害品は確認されていない。

同容疑者は合鍵を持っており、玄関から出入りしたとみられる。捜査本部は、窃盗を装った可能性もあるとみて調べている。防犯カメラの捜査などから関与が浮上した。

同容疑者宅の近くに住む30代の男性は「こんなに身近な人が事件を起こすなんて」と驚いた様子だった。

(共同)