千葉県の森田健作知事は3日の県議会で、9月の台風15号への対応が問題視されていることを受け「痛恨の極みで深くおわびする。自らを戒め、律したい」と陳謝し、自身の給与や期末手当を減額する考えを示した。具体的な金額や期間は示さなかった。

森田知事は「県の初動や私の言動に各方面から厳しい指摘、批判を頂いた」と説明。事前の被害想定が甘かったと認め「批判を重く受け止める。今回のことを教訓とし、的確な初動態勢を確立する」と述べた。

台風15号の対応を巡っては、県の災害対策本部設置が台風襲来翌日の午前に遅れたほか、午後に知事が県庁から約30キロ離れた芝山町の自宅や隣接の富里市に向かったことに対して批判が高まっていた。(共同)