昨年7月に大津市であったボートレースで順位を操作した見返りに現金を渡したとして、名古屋地検特捜部に逮捕された会社員増川遵容疑者(53)の口座に、昨年だけで数百万円の配当金が約20回にわたり入金されていたことが12日、分かった。

関係者によると、増川容疑者は琵琶湖モーターボート競走場で昨年7月2日に行われた二つのレースで約600万円の利益を得て、親族の元ボートレーサー西川昌希容疑者(29)にレース後、2回に分け計300万円を渡したとされる。

増川容疑者は配当金を受け取る専用の口座を3つ持ち、昨年秋ごろまでに合計数億円の入金があった。特捜部は昨年7月2日以外のレースでも不正を繰り返していたとみて、3つの口座の出入金を詳しく調べている。

同日のレースを巡っては、西川容疑者が2台のスマホを持ち込み、1台を預け、もう1台を隠し持ち、無料通信アプリLINE(ライン)で増川容疑者とやりとりしていた。

2つのレースに西川容疑者はそれぞれ内側から2番目、1番目の出走枠で出場。枠が内側であるほど有利とされるが、西川容疑者はそれぞれ4着と2着だった。

2人は共謀して二つのレースで西川容疑者がわざと着順を下げた上、増川容疑者が300万円を渡し、西川容疑者は受け取ったとして、モーターボート競走法違反容疑で今月8日に逮捕された。(共同)