名古屋市天白区の名城大研究室で男性准教授(40)がはさみで刺された事件で、殺人容疑で逮捕された理工学部3年、野原康佑容疑者(22)が事件前「リポートを出さなくても単位が欲しい」と頼んでいたことが13日、捜査関係者への取材でわかった。容疑者は両親から仕送りを受けており「単位を落とすと留年の可能性があり、お金がもったいない」と供述しているという。容疑者は10日午後、リポート期限を守れなかったことを謝罪するため研究室を訪問。「『単位をあげない』と准教授に叱責(しっせき)され、かっとなり刺した」と話している。(共同)