2017年に抵抗できない状態の19歳の娘に性的暴行を加えたとして、準強制性交罪に問われ、1審名古屋地裁岡崎支部で無罪判決を受けた男性被告の控訴審第3回公判が14日、名古屋高裁(堀内満裁判長)で開かれた。

抵抗が著しく困難な「抗拒不能」の状態だったかどうかが争点。昨年12月の第2回公判では、娘に面接、心理状態を鑑定した精神科医の小西聖子武蔵野大教授が「娘は長年性的虐待を受ける中で、抵抗できない心理状態になっていた」と証言した。

昨年3月の1審判決は娘が中学2年ごろから被告に性的虐待を受けており、性交は意に反するものだったと認定する一方、抵抗し拒めた時期もあったなどとして「抗拒不能と認定することはできない」と判断した。事実誤認があるとして、検察側が控訴していた。

被告は17年8月に勤務先の会社で、9月にはホテルで抵抗できない状態に乗じ、娘と性交したとして起訴された。(共同)