高市早苗総務相は14日の閣議後記者会見で、NHKが申請したテレビ番組を放送と同時にインターネットに流す「常時同時配信」の実施基準案について、同日中に認可する方針を示した。同日午後に開かれる有識者会議に、一定の条件を付けた上で「認可が適当だ」として諮問する。

高市氏は実施基準案について「おおむね妥当だ」と述べた。認可の条件として、常時同時配信を含むネット活用業務について「実施規模を抑制的に管理する具体的な仕組みの早期導入」をすることや、民放などとの連携を具体化する場を設置することを挙げた。

高市氏は昨年11月、NHKの当初の実施基準案に対しネット活用業務の費用が膨らんだことなどを問題視し、認可判断を留保した。NHKはネット活用業務の費用の上限を圧縮するなどした実施基準案を再提出していた。(共同)