愛知県警中川署は14日、道交法違反(無免許運転)の疑いで、名古屋市中川区の建築作業員山中良夫容疑者(57)を現行犯逮捕した。同署によると、山中容疑者は1985年に運転免許証が失効して以降、無免許のまま約34年間、運転を続けていたという。

同署によると、山中容疑者の車が路上で突然停止するなど不自然な走行をしていたため、署員が職務質問。免許証の提示を求めたところ、山中容疑者は「会社にある」と説明したが、照会の結果、無免許と判明した。

逮捕容疑は14日午前5時40分ごろ、同市中川区の市道で、無免許でライトバンを運転した疑い。(共同)