自民党の河井克行前法相の妻で同党の河井案里参院議員の昨年7月の参院選を巡り、公選法違反の疑いが浮上している問題で、広島地検は15日、広島市にある克行氏と案里氏の事務所を家宅捜索した。大学教授や地元の市民団体などが同法違反容疑で夫妻らに対する告発状を出していた。

夫妻を巡っては参院選で報酬が認められた車上運動員に対し、上限を超えた金額を支払った疑いが報じられた。案里氏が支部長の自民党支部が、陣営の一員として選挙運動をした男性会社員に対し、約86万円を支払った疑惑も出ている。

克行氏は昨年10月、法相を辞任。夫妻はその後、公の場に姿を現していない。

【前法相夫妻巡る疑惑の経過】

▽2019年3月13日 自民党が参院選で河井克行前法相の妻、案里氏を公認

▽7月4日 参院選公示

▽21日 参院選投開票、案里氏が初当選

▽10月31日 車上運動員に法定上限を超える報酬を支払った疑いが報じられたことを受け、克行氏が法相を辞任

▽11月27日 大学教授らが公選法違反容疑で夫妻らに対する告発状を広島地検に発送

▽12月2日 地元の有権者らも同容疑での告発状を提出

▽28日 案里氏側から参院選で選挙運動をした男性への現金支払いが報道で判明

▽20年1月15日 広島地検が広島市にある夫妻の地元事務所を家宅捜索(共同)