トランプ米大統領は14日、米アップルが、犯罪者が使っていた同社製スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のロック機能を解除することを拒んでいると指摘し、米捜査当局に協力して解除することを求めた。

トランプ氏はツイッターへの投稿で「貿易など多くの問題でアップルを支援しているのに、殺人犯らの使った電話のロック解除を拒否している」と主張。「今すぐに」解除に応じるべきだと訴えた。

ロイター通信によると、司法省のバー司法長官が13日、昨年12月に米海軍基地で起きた発砲事件の捜査を巡り、死亡した実行犯が使用していたスマホのロック解除で、アップルから協力を得られないと非難した。

アップルは声明で、当局の求めに応じてオンライン上の保存データなどを提供しており、捜査には協力していると反論していた。(共同)