島根県出雲市の運送会社「上田コールド」の本社に男が包丁のようなものを持って立てこもった事件で、人質となっていた女性社員(40)が15日午前8時25分ごろ、発生から18時間ぶりに解放された。県警は約10分後、監禁容疑で千葉市緑区、無職中尾懐聖容疑者(23)を現行犯逮捕した。女性にけがはなかった。

県警によると、中尾容疑者は、女性関係を巡り元従業員の男性に恨みを抱いているとの趣旨の話をしていた。だが男性のフルネームを言わず面識もなかったことから、県警は中尾容疑者が一方的に恨みを募らせたとみている。

逮捕容疑は、14日午後2時15分ごろ、女性を刃物で脅迫し、2階応接室に連行して出入り口付近で監視し、約18時間にわたって監禁した疑い。「刃物を持って監禁したことは間違いない」と容疑を認めている。刃渡り約40センチの包丁と約12センチのペティナイフを両手に持って女性を監視していた。

中尾容疑者は14日午後2時20分ごろ、同社を訪れ「立てこもりをしたい」と言って事務所の玄関から入り、「社長を出せ」などと要求。2階の応接室で女性を人質に取った。女性は拘束されていないが、常時監視された状態だった。15日朝、捜査員の説得に応じて女性を解放。その後2階の廊下で現行犯逮捕された。

中尾容疑者は同社の関係者ではないとみられ、業務上の関連も確認されていない。女性とも面識はないとみられる。(共同)