自民党の河井克行前法相と河井案里参院議員夫妻が、昨年7月の参院選で運動員に違法な報酬を支払ったとされる疑惑で、広島地検は15日、公選法違反の疑いで広島市にある夫妻の事務所を家宅捜索した。既に選挙関係者への任意聴取も始めており、押収資料を分析し立件の可否を見極める。

夫妻をめぐっては、選挙カーでアナウンスする車上運動員13人に、日当として法定上限の1万5000円を超える3万円を支払った疑惑があるほか、案里氏が支部長を務める自民党支部が、陣営の一員として選挙運動をした男性会社員に、約86万円を支払った疑惑も出ている。

前法相の事務所が家宅捜索対象となる前代未聞の事態に、自民党内でも夫妻の説明責任を求める声が拡大。というのも、河井氏は昨年10月31日に法相を辞任した際、「調査して説明責任を果たす」と言ったものの、2カ月以上、雲隠れしていた。昨年の参院選で初当選した案里氏も国会にほとんど姿をみせず、その間の歳費だけは支払われる理不尽な状態が続いているためだ。

自民党の中谷元・元防衛相は、会合で「政治家は自らの疑惑は、自ら潔白を証明しないといけない」と指摘。石破茂元幹事長も「『潔白だ』と言っているのだから説明は当然だ」と突き放した。

一方、立憲民主党の安住淳国対委員長は、カジノ汚職事件も念頭に「逮捕者が出たり事情聴取を受けたり、家宅捜索されたりしている。戦後、こんなことはなかった」と述べた上で、20日の通常国会までに十分な説明がない場合、予算などの審議日程に影響すると自民党側にくぎをさした。