勤務先の女子トイレで盗撮したとして、警視庁生活安全特別捜査隊は20日までに、東京都迷惑防止条例違反などの疑いで、慶応大病院経営企画室課長石原一章容疑者(49)を逮捕した。

逮捕容疑は、慶大塾長室秘書担当課長だった2018年12月、東京都港区の慶大三田キャンパスの女子トイレに侵入して隠しカメラを設置し、複数の女性を動画撮影した疑い。

警視庁によると、19年3月に女性職員がカメラに気付き、警視庁に相談。動画に石原容疑者が写っていたため自宅を家宅捜索したところ、パソコンなどから盗撮したとみられる動画が千件以上見つかったという。

慶大広報室は「事実であれば大変遺憾。事実関係を確認し厳正に対処したい」とコメントした。(共同)