中国の国家衛生健康委員会は22日、記者会見を開き、湖北省武漢市から感染が広がる新型コロナウイルスによる肺炎の死者は計9人、発症者は440人に上ったと発表した。発症者は米国やマカオでも初確認、感染の広がりが明らかになった。新型肺炎を巡り、中国政府が記者会見するのは初めて。情報公開への積極姿勢をアピールする狙いがありそうだ。

中国の国家衛生健康委員会幹部は「人から人、医療従事者の感染が起きている」と明言。専門家の見解として「ウイルスが変異する(感染力が増す)可能性がある」と指摘、感染拡大の危険があると警戒を呼び掛けた。また、駅や空港など人が集まる場所で消毒や体温測定を実施すると表明。世界保健機関(WHO)や感染の確認された日米と連携して拡大の抑止に努める姿勢を示した。

中国では24~30日の春節(旧正月)の大型連休で大規模な人の移動が見込まれる。水際対策などによる拡大の抑止が課題になりそうだ。

米疾病対策センター(CDC)は21日、武漢市から帰国した西部ワシントン州シアトル近郊に住む30代男性がウイルスに感染しているのを確認したと発表した。アジア以外での発症者や感染者の報告は初めて。

CDCによると、男性は武漢市に渡航後、15日に米国に入国。体調不良のため19日に医療機関を受診した後、検査で感染が分かった。国籍は明らかにされていない。

現在の症状は軽いが、経過観察のため、隔離された状態で入院している。一部発症者が訪れていた武漢市の市場には行っておらず、発症者とは接触していないと話しているという。

マカオ政府は22日の記者会見で、新型肺炎の発症者が初めて確認されたと発表した。地元メディアによると、武漢市から来た女性(52)。

これまでに中国以外では日本、タイ、韓国、台湾で発症者が報告されていた。440人に台湾での発症者が含まれているかどうかは不明。(共同)