昨年の参院選公示前、自民党の河井案里参院議員と夫の河井克行前法相が支部長を務める自民党の2支部に、党本部から1億5000万円もの巨額資金が投入されていたことが23日、分かった。

   ◇   ◇   ◇

野党は23日、自民党本部から河井案里参院議員と夫の克行前法相側に対する計1億5000万円の入金について「(買収の)原資に使われたとしたら非常に大問題だ」(立憲民主党の安住淳国対委員長)として、使途を徹底追及する姿勢を強めた。

安住氏は「多分、他の自民党候補の何倍ももらったのだろう。そこまで(党が)えこひいきしたのか、と思う」と記者団に指摘した。国民民主党の原口一博国対委員長も「買収など不適切なことに使われたのであれば重大だ。金まみれ、利権まみれの政権を一秒たりとも存在させてはいけない」と記者団に強調した。

社民党の又市征治党首は記者会見で「潤沢な資金が入ったから違法な金を配ったのではないか。予算委員会で安倍晋三首相に対しても追及したい」と意気込んだ。

一方、立民の蓮舫参院幹事長は記者団に「1億5千万円の原資は政党交付金なのか、官邸機密費か。手続きが適正だったのかも説明してほしい」と要求した。(共同)