兵庫県尼崎市の阪神高速道路で2018年11月、ポルシェを時速216キロで無免許運転し死亡追突事故を起こしたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致死)などの罪に問われた医師久保田秀哉被告(51)の裁判員裁判で、神戸地裁は27日、懲役8年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

小倉哲浩裁判長は判決理由で「時速216キロで右カーブに進入し、車体が横滑りして制御できなくなった」として危険運転致死が成立すると認定。弁護側の「カーナビ操作による脇見運転が原因」との主張を退けた。

また他の車に追い抜かれ、速度を上げて追い掛けたとして「制限速度の3・5倍を超え、交通法規を守ろうとする意識が欠如している。遺族は厳正な処罰を求めている」と述べた。

判決によると、18年11月25日、阪神高速でポルシェを時速216キロで無免許運転し、制御困難になってトラックに追突して横転させ、運転手の男性を死亡させた。(共同)