低気圧接近に伴い、関東甲信で28日夜にかけて山沿いを中心に警報級の大雪となる地域があるとして、気象庁は27日、交通障害に警戒を呼び掛けた。東京23区も雪が積もり、予想より気温が低くなれば大雪になる恐れがある。西日本や東日本は暴風にも警戒が必要だ。

気象庁によると、前線を伴った低気圧が発達しながら本州の南岸を東へ進む。また関東甲信の上空約1500メートルに氷点下3度以下の寒気が流れ込む。路面凍結や雪崩に加え、湿った重い雪が降るとみられ、ビニールハウスやカーポートの倒壊、電線や樹木への着雪に特に注意が必要という。

28日午後6時までの24時間予想降雪量は多い地域で関東北部の山沿い40センチ、甲信30センチ、関東北部の平野部や箱根から多摩地方や秩父地方にかけて25センチ、関東南部の平野部10センチ、東京23区は2センチ。

また西日本や東日本は海上を中心に非常に強い風が吹き、海は大しけになりそうだ。気象庁は暴風や高波のほか、大気の状態が安定しない西日本は落雷や竜巻などの激しい突風に警戒を求めた。

27日も西日本の太平洋側を中心に強い風が吹いた。高知・室戸岬で最大瞬間風速33・7メートル、愛媛県宇和島市で29・7メートル、長崎県対馬市で29・6メートルを観測した。

日航や全日空によると、大阪、熊本、鹿児島などを発着する150便以上が欠航した。鹿児島市中心部と桜島を結ぶフェリーなども欠航した。(共同)