東京MXテレビのバラエティー番組「欲望の塊」の企画会社が、賞品とされた高級車をゲームの優勝者に渡していなかった問題で、番組制作を担当していた40代男性が、福岡市で死亡しているのが見つかったことが27日、捜査関係者への取材で分かった。状況から自殺とみられる。

捜査関係者によると、男性は24日、福岡市西区に止められた車の中で亡くなっていた。

番組は昨年1~3月に放送。インターネット上の番組公式チャンネルによると、ホストクラブ勤務の参加者らが2千万円相当の車の獲得を目指し、トランプやクイズなどで毎週競っていた。

東京MXは21日、企画会社が賞品を渡しておらず、この会社と連絡が取れなくなっていると発表。27日の取材には「死亡した男性は東京MXの社員ではない。事実関係を確認中」と回答した。(共同)