発達した低気圧と上空に流れ込んだ寒気の影響で関東甲信は27日夜から山沿いのほか平野部でも雪が降った。関東北部の山沿いは28日夜から29日明け方にかけて大雪の恐れがあり、気象庁は交通障害や路面凍結、雪崩、電線や樹木への着雪に警戒を呼び掛けている。

また今後、関東は28日夜遅くから29日明け方にかけて1時間に30ミリ以上の雨が降る恐れがある。雨雲の発達・停滞した場合は警報級の大雨になる可能性もあり、土砂災害、低地の浸水、河川の増水に警戒を求めている。

高知県室戸市では28日朝までの24時間で340ミリを超える雨が降り、県と高知気象台が土砂災害警戒情報を発表した。

気象庁によると、前線を伴った低気圧が四国沖を東北東に進み、29日朝以降、関東の東海上から三陸沖に達する見通し。低気圧や前線に南から暖かく湿った空気が流れ込み、西日本は28日、東日本は29日にかけて大気の状態が不安定になる。

関東甲信は27日夜から雪が強まり、28日朝の段階の積雪は群馬県草津町38センチ、山梨県富士河口湖町31センチ、長野県上田市30センチ、栃木県日光市12センチ、埼玉県秩父市10センチ。東京都心部や横浜市の中心部に積雪はなかった。

29日午前6時までの24時間予想降雪量は多い地域で関東北部の山沿い40センチ、甲信15センチ、関東北部の平野部10センチ、箱根から多摩地方、秩父地方にかけて8センチ、関東南部の平野部3センチ。(共同)