日本政府が新型コロナウイルスによる感染症を「指定感染症」にすると決めた28日の東京株式市場は、広域感染による悪影響に警戒が強まり日経平均株価(225種)は続落し、終値は前日比127円80銭安の2万3215円71銭で約3週間ぶりの安値を付けた。

東証株価指数(TOPIX)は10・29ポイント安の1692・28で今年の最安値を更新。海外でも、週明け27日は米ダウ工業株30種平均終値が前週末比453ドル安となり日米欧で株安が進んだ。連休明けの韓国・ソウルとシンガポール市場はまとまった売りが出て急落。春節(旧正月)に伴う連休で上海、香港市場は休場だった。