国立感染症研究所は31日、新型コロナウイルスに感染した人からウイルスを分離することに成功したと発表した。

人に感染する仕組みなどウイルスの詳しい性質を調べたり、薬やワクチンを開発したりするのに役立つと期待される。ウイルスは中国などで分離されているが国内では初めて。

同研究所は感染者の、のどの粘膜などから検体を採取。別の細胞に感染させて増やし、ウイルスを分離した。遺伝子の配列を調べると、中国で公表された配列とほぼ同じであることが分かった。検査法や抗ウイルス薬などの開発にも活用する。

新型コロナウイルスは感染が拡大する一方で性質が詳しく分かっていない。同研究所は国内外の研究機関にウイルスを広く配布し、対策に役立てる方針。(共同)