自宅で大麻を所持したとして、京都府警北署は12日、大麻取締法違反の疑いで京都市左京区の高校1年の男子生徒(16)を現行犯逮捕したと発表した。「興味本位で使った」と話し、容疑を認めている。逮捕は昨年11月19日付。既に京都家裁に送致されている。

逮捕容疑は11月19日、自宅で乾燥大麻0・3グラムを所持した疑い。署によると、生徒は中学時代から複数回、大麻を使っていたと話している。

同署は12日、生徒に大麻約3グラムを2万3000円で譲り渡したとして、大麻取締法違反の疑いで左京区の韓国籍の無職尹瞳容疑者(47)を逮捕した。生徒の話と、無料通信アプリのLINE(ライン)でのやりとりなどから尹容疑者が浮上した。(共同)