プロ野球などの勝敗を予想する賭博を主催したとして、愛知県警捜査4課は13日までに、賭博開帳図利の疑いで、特定抗争指定暴力団山口組の中核団体・弘道会系組幹部前川広行容疑者(58=名古屋市中区)を、同容疑と常習賭博の疑いで、弘道会系の別の組幹部伊藤俊介容疑者(50=同市千種区)を逮捕した。

県警によると、2人は計約6億円を集めており、組織の資金源になっていたとみて調べる。また同課は常習賭博容疑で、伊藤容疑者の客で三重県鈴鹿市などの男4人をそれぞれ逮捕した。

前川容疑者の逮捕容疑は2018年5月~19年3月、野球やサッカーなどの勝利チームを予想する賭博を主催し、携帯電話を使って伊藤容疑者から1口1万円で計998万円の申し込みを受け、賭博を行った疑い。

伊藤容疑者の逮捕容疑は前川容疑者が開いた賭博に参加したほか、18年9月~19年4月、顧客4人から1口1万円で計1652万円の申し込みを受け、賭博を行った疑い。

予想が当たった場合、賭け金から1割を差し引いた額を元の賭け金に加え配当、外れた場合は賭け金全額を支払わせる方法で利益を得ていた。(共同)