国内マスク最大手のユニ・チャームは13日、新型コロナウイルスの感染拡大により、マスクの需要が通常の約5倍に急増していると発表した。高原豪久社長は、品薄状態が続くマスクの増産について「検討している」と述べた。ライオンも工場の24時間稼働で需要が拡大しているハンドソープの生産量を通常の1・5倍に拡大。生産設備も5月に増強するという。

政府はマスク増産のために設備投資するメーカーに補助金を交付する方針だ。高原氏は東京都内で記者会見し「業界団体でとりまとめ、どれぐらい、どのタイミングで供給を上乗せできるか検討している」と述べた。

ただ、海外に持ち帰る客や転売業者もおり「日本市場の実際の需要は読みにくい」と指摘。1週間で約1億枚生産する現在の態勢を続けていけば「需給差は解消できると思う」との見通しを示した。

ライオンの掬川正純社長も記者会見し「中国と日本でハンドソープや消毒液の需要が急激に高まっている」と話した。ハンドソープの直近の売り上げは前年の同時期に比べ1・8倍になったという。

新型コロナウイルスの事業への影響については、ユニ・チャームとライオン両社とも、不透明な部分が多いなどとして来期の業績予想に織り込まなかった。(共同)