英南西部ブリストルで13日朝、少女や赤い花をあしらった作品が住宅の壁に描かれているのを、地元住民らが見つけた。ブリストルは、素性不明の路上芸術家バンクシーの出身地とされる。バンクシーは自身の写真共有アプリ「インスタグラム」にこの作品の画像を投稿、自身の作品であることを認めたとみられる。地元では、14日のバレンタインデーに関連した新作との見方が広がっている。

日本ではバレンタインデーに、女性が男性にチョコレートを渡すのが一般的だが、欧米などでは男性が女性にバラなどの花束を渡すことが多い。

白い壁には、Y字形のスリングショット(ぱちんこ)を持った少女が描かれ、その右上方に、無数の赤い花のようなものが貼り付けられている。少女が赤いペンキ玉を飛ばし、壁に当てて破裂させたように見える。

既に多くの近隣住民らが写真を撮りに殺到しており、BBC放送によると、作品の“キャンバス”となった住宅の所有者の女性(37)は「とても幸せ」と喜んでいる。(共同)