米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は14日、米国務省が新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から米国人乗客らを早急に退避させる準備に入ったと報じた。

早ければ16日にも米国に到着する。米疾病対策センター(CDC)当局者の話としている。

同船に乗る米国人ら約380人のために、日本から米国に戻るチャーター機2機を手配。帰国後、米軍基地で感染の恐れがないかどうか約2週間の経過観察を受ける。

CDC幹部は14日の電話会見で「日本からのデータは船内の人々の(感染)リスクがより高いことを示唆しており心配だ」と言及。国務省や在日米国大使館などと協力し、米国人乗客らへの今後の対応を検討していると説明していた。(共同)