新型コロナウイルスの感染者急増で東京都の小池百合子知事が外出を自粛するよう要請したことを受け、神奈川県の黒岩祐治知事は26日、今週末は不要不急の外出を控えるよう県民に呼び掛ける方針を明らかにした。同日午後、記者会見で正式発表する。埼玉県の大野元裕知事も同様の要請をする方向で調整。千葉県も検討しており、大きな影響が出そうだ。

黒岩知事は県庁で取材に応じ「東京都と同じメッセージを打ち出し、連携していきたい」と話した。

関係者によると、大野知事は25日夜に小池知事と連絡を取り、「首都圏は人の往来が多く、近県も足並みをそろえる必要がある」と提案。小池氏も同調したという。

千葉県の担当者は「東京に隣接しており、協力する必要がある。外出自粛を要請するかどうか早急に決めたい」としている。

東京都は25日、新たに41人の感染を確認したと発表。都内で1日に確認された感染者数としては最多で、小池知事が「オーバーシュート(爆発的患者急増)を防ぐ重大局面」と強調、危機意識を持つよう呼び掛けた。

関東では、茨城県の大井川和彦知事が25日の定例記者会見で、都内など新型コロナウイルス感染が拡大する地域への移動について「慎重な判断をお願いする」と呼び掛けている。(共同)